--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-11-03

訪中のお礼に

今日は、中国でお世話になりっぱなしだった紫雲先生一家へのお礼で、お食事会に行ってきました。
お礼にお母さんに、牡丹を色紙にして贈りました。

20111103 水墨 写意牡丹
実はこの牡丹の描き方、今日の午前中教室にいらした紫雲先生にレクチャーしてもらったんです。
中国で先生が牡丹を揮毫する美しさに感動して、今回日本で教えてもらいたい!
と切なる願いだったのです

やっぱり紫雲先生の生み出す滲みの世界、一歩覗いて試してみて、たくさん練習してみよう!
と思いました。
牡丹は花の王様、色もバランスも上級課題なので、じっくり研究して取り組んでみたいです


私が持っている扇子は、お母さんからのプレゼント。
白檀の香りが心地良いです。わざわざ、ありがとうございます。
それにしても、このメンバーでの食事は、中国での楽しかった時間がずっと続いているかのようで、幸せ


しかしながら、中国での新春展の開催に向けて納期が早まりそうなので、次なる案を考えながら帰宅。
先日中華街で買った調味料や食材、漢方をつかって中華晩御飯をつくって頭もお腹も気分はChina
大好きな花咲くジャスミン茶を飲みながら、画題模索に没頭する今宵です
20111103 花咲くジャスミン 20111103 水墨画の本
※ちなみに、大量の水墨画の本は中国で仕入れたもの。
 笑顔のもとでありつつ、時間食い虫であります・・・
スポンサーサイト

theme : art・芸術・美術
genre : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

素敵な牡丹の絵v-10
扇子もよく似合ってる~!
なんだかマキちゃん自身からもチャイナっぽいムードが出てるねv-266

ありがと♪

扇子、ちっちゃくってかわいいよね♪
チャイナムード?
インドっぽいとかよく言われたのがなつかしい~!
でも、中国ではちゃんとしたチャイナ服を買って来たよ。
水墨画の展覧会パーティーとかに来てもいいかなぁと思って。
私の移ろい
ブログを始めたころから今まで、心境も絵も変化しており、ブログを閉じてHPだけにしようかとも考えました。が、このブログ自身もまた、現代に水墨画家を志すとはどういうことか、というリアルだと思い、継続させています。
プロフィール

水墨画家 麻貴

Author:水墨画家 麻貴
幼少期は、祖父と一緒にお絵かきしながらお昼寝の毎日。小~中学校と書道を習い、大学時代から水墨画を嗜む。

水墨画師範免許取得を区切りに、学びを深めに単身本場中国へ大学院留学中。
国際的な墨芸術家として、日本水墨画の発展向上と共に、完全なクリーン化・ユニバーサル化を目指す。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
カウンター
pictlayer
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。