--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-04-25

ゴールデンウィークに出品します

先日 記事にしたゴールデンウィーク展の詳細お知らせです。

【第7回 日中水墨協会展】

■会場:神奈川県民ホールギャラリー 第1、第2展示室
    【 美術館HP http://www.kanakengallery.com/ 】
     会場最寄駅:日本大通駅(みなとみらい線)

■会期:2011年5月4日(水)~5月8日(日)

■時間:9時半~17時半(最終日は15時まで)

■入場料:無料

■私(石井麻貴)の出品作品:「遊魚永楽図」
  超特急で作品を仕上げたので、写真は撮り忘れてしまいました・・・。
  ということで、会場にて実物を探してみてくださいね。
  端午の節句ということで、を描きました。

2011GW 横浜展A

会場地図はコチラ
2011GW 横浜展B

JRは関内駅から歩けるので、中華街でグルメめぐりがてらもいいですね
中国では、端午の節句にはちまきを食べるそうな~
ということで、今年のGWは中華街でちまき!
豚まんはお土産に
といっても皆様、グルメだけでなく ぜひぜひ作品を見に来てくださいねっ


締め切り10日程前に 師匠から出品のお声がけを頂き、怒涛の制作をしたこの作品。
超短期間でしたが、画題が自分にすごく合ったみたいで、今までの作品の中で一番楽しい制作時間を過ごせました
期日に満足の完成作ができてホッとしたし、楽しさが出て生き生きした作品に仕上がった気がします

短期間の制作になる前提で、師匠がお誘いしてくれたことを本当にありがたく思います。
制作を通じて 毎回成長と前進があり 未来につながるので、お声掛けには積極的にチャレンジ
と、つくづく思います。


今回 気付いたことは・・・
○短期間で集中して勢いに乗って描くことが、自分の性格に合っていること
○大胆に描く中国画流が、非常に楽しくって 自分らしさを存分に出せるということ
○半切の大きさに慣れてきて、毎日 ときには1日に3枚とか・・・
  大きい紙に取り組むこと対して、大変と感じなくなった。
スポンサーサイト

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

私の移ろい
ブログを始めたころから今まで、心境も絵も変化しており、ブログを閉じてHPだけにしようかとも考えました。が、このブログ自身もまた、現代に水墨画家を志すとはどういうことか、というリアルだと思い、継続させています。
プロフィール

水墨画家 麻貴

Author:水墨画家 麻貴
幼少期は、祖父と一緒にお絵かきしながらお昼寝の毎日。小~中学校と書道を習い、大学時代から水墨画を嗜む。

日本の水墨画教室で師範合格を区切りに、中国美術学院書法中国画学部修士へ留学し2017年MFA取得。
墨芸術家として、日本における水墨画の発展向上と共に、クリーン化・ユニバーサル化を目指す。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
カウンター
pictlayer
検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。