--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016-05-09

第七回 中国美術学院 留学生展

みなさんこんにちは。
こちら杭州は心地良い春から一変、30度を超す夏日になったり、15度をきってみたりと、体がもたない初夏の日々です。
熊本地震のことや、いろいろな事情で鬱鬱とした気分だったりした中、今回の作品をなんとか描き上げ、出品しました。

201605 留学生展4

出品作
左:春雲抱月/中:一刻~猿~/右:一刻~蟹の滝行~

2016/5/4~5/8
場所:中国美術学院内ギャラリー(中国杭州)



‟一刻~猿~”は「大家小書原作展」の記事に掲載、‟一刻~蟹の滝行~”は「水墨画展 “Duch Monochromatickej Farebnosti” at Slovakia」の記事に掲載しています。
というわけで新作について。


<春雲抱月> (絹本)

久しぶりの大きな作品。今までで一番大きい作品になりました。
ウェブサイトのGalleryにはっきりした写真をアップしたので、ご覧ください)
修士一年生から二年生にかけて一年間宋代絵画の研究をした成果として、一作品残したいなと思い、制作しました。

将来水墨画家としてスタートするための、かけがえのない土台を得た、非常に意味のある勉強でした。
(私は水墨画家としてウェブサイトもありますが、海外で講師をするので必要かなと思ってつくりましたが、
今は修行の身。大学院卒業後からが画家として名乗れるスタートだと思っています)


実はちょうど一年前、西湖畔でスケッチした芍薬からはじまりました。
木蓮桃桜などが一気に咲き落ち藤と牡丹が咲いたあと、この季節は芍薬なんですね。
今年は桃桜系と藤をたくさんスケッチしたかったのですが、芍薬の作品が終わったらまた芍薬の季節になってしまいました…。


ところで、表装が問題で。。
今回大きな絹本でかなり時間をかけているということもあり、表装は日本に送りたかったのですが、事情にてやむなく中国で表装しました。
そうしたら、表装後にはテンの山吹色が抜けてしまっていました…。
テンの顔の白い毛も、芍薬の白もだいぶ薄くなった…。
もちろん落ちないように表装出す前に処理していましたが、甲斐なくです。

仕方ないので、展覧会撤収したので、また描き込みます。

そして、変なところに白がとんでついていたり、作品面に汚れがついていたり軸がたわんでいたりと、「う~ん」と思う点ぼちぼち。
中国人の口癖は「メイスー」気にしない、という意味。
それが彼らの性質をものがたっている、つまり仕事はいい加減ですね。
表装に出している中国人も仕上がりの良し悪しを気にしないので、平行線なのでしょう。

私は、卒展以外は必要に迫られなければもう中国で表装に出すことはないでしょう。
最終帰国まで描きおいて、気に入った作品を日本で表装が安心です。



ちなみに、当初は墨と胡粉のみの作品にしたかったのですが、不本意にもテンが黄色(茶色…)になったので、
また構図も原案でいきたい、とかもあり、帰国後にもう一枚描こうかと思っています。
芍薬の白がとても時間がかかっているので、そこは再度根性ですが!
その際が日本表装できる機会となりそうです。



留学生の作品すこし

書法学科の日本人大学院生。篆書の勉強を兼ねて、なんと、10mの巻物です…。
201605 留学生展2


韓国人の山水画の女の子の模写作品。
ちなみに、韓国の水墨画は日本では知られていないけれど、日本と違ってみなさん一定レベルで描けます。
201605 留学生展3


スリランカの学生。素晴らしい。私、彼の教授の作品がすごく好きなんです。
彼はこうしてきちんと実力をつけて、国に技術を持ち帰るんだと思います。
将来それがスリランカの伝統や感性にどう混ざり合い芸術が発展していくのだろうかと期待できます!
201605 留学生展5


こう見るとアジア系ばかりな感じもしますが、世界各国から留学生が来ています。
でも、欧米から中国の美大に来る学生はだいたい勉強しないので、真面目なアジア人の方が明らかに作品の質が良いです・・・。
というわけで、数点選ぶとアジア系になってしまいます。。
201605 留学生展6


ではでは、またお知らせがあったら更新しますので、気長にたま~に見にきてくれると嬉しいです。
スポンサーサイト

theme : art・芸術・美術
genre : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

私の移ろい
ブログを始めたころから今まで、心境も絵も変化しており、ブログを閉じてHPだけにしようかとも考えました。が、このブログ自身もまた、現代に水墨画家を志すとはどういうことか、というリアルだと思い、継続させています。
プロフィール

水墨画家 麻貴

Author:水墨画家 麻貴
幼少期は、祖父と一緒にお絵かきしながらお昼寝の毎日。小~中学校と書道を習い、大学時代から水墨画を嗜む。

水墨画師範免許取得を区切りに、学びを深めに単身本場中国へ大学院留学中。
国際的な墨芸術家として、日本水墨画の発展向上と共に、完全なクリーン化・ユニバーサル化を目指す。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
カウンター
pictlayer
検索フォーム
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。