--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-07-30

師範試験 ~動物や風景~

師範試験の際に提出した作品たち
動物四種と山水&風景


生き物は大好き&得意分野なので、好きなように描いてみた。
ら、評価が悪くてびっくりしました。
先生の好み考えないで描くとこうか、と思うと、わかりやすいなと思った。
自分的には大胆な構図の鯉も、インドの牛なんて、アジア感が出てるし超お気に入り♪

201307 水墨画師範試験09 201307 水墨画師範試験08
201307 水墨画師範試験01 201307 水墨画師範試験06


山水と風景はどちらも高評価でした。大作系は安定して描けるということでしょうか。
201307 水墨画師範試験10 201307 水墨画師範試験07

どちらも良く描けたし、展覧会に自信をもって送り出せる子たち。
以上、私の師範免許取得時の作品です。
※裏打ちしていないのでたわんでいます。


ほかにもレクチャー実技試験や筆記試験がありましたが、「教え方教わる授業が一度もないのに、どういうこったい?」と思いましたが、教えるのは得意みたいなので難なく通りました。
何が課題になるかわからないから、何でも教えられなければならないというプレッシャーの多い試験ですが、全ての画題を復習したので、何でもかける自信と余裕がつきました。

今後の成長のために提出作品の改善点を聞いたのですが、「師範試験は試験だから判定のみの報告で、アドバイス等、講評の公開は一切できません」とのこと。
「書道が全然ダメやね」とだけ言われました。でも、私のいないところで、教室の生徒さんに「これ師範試験受けた人の作品なんだけど、ココはこうでソコは・・・」という厳しい説明をなさってたと小耳にはさみました。
本人以外の一生徒には、酷評を公表するって、なんなんでしょうね。



総じて師範試験は、全復習と基礎力のボトムアップ及び応用力に直結したので、私にとって本当に必要な時間でした。
師範資格は使わないことになったけれど、合格するための真剣な努力の時間は、節目のかけがえのない糧になりました。課題をくださりありがとうございました。

独立したこれからは、会の画風に縛られない自分らしい画風を貫けるので、「描きたいものをどんどん描いていきたい!」という「自分ならではの作品を作りたい欲求」に溢れています!
画家とはそういう人ですものね。
楽しみだなぁ〜♪
スポンサーサイト

theme : art・芸術・美術
genre : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

私の移ろい
ブログを始めたころから今まで、心境も絵も変化しており、ブログを閉じてHPだけにしようかとも考えました。が、このブログ自身もまた、現代に水墨画家を志すとはどういうことか、というリアルだと思い、継続させています。
プロフィール

水墨画家 麻貴

Author:水墨画家 麻貴
幼少期は、祖父と一緒にお絵かきしながらお昼寝の毎日。小~中学校と書道を習い、大学時代から水墨画を嗜む。

水墨画師範免許取得を区切りに、学びを深めに単身本場中国へ大学院留学中。
国際的な墨芸術家として、日本水墨画の発展向上と共に、完全なクリーン化・ユニバーサル化を目指す。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
カウンター
pictlayer
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。