--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-07-04

第6回 水墨画ボランティア報告(宮城沿岸部) 【中篇・講座報告2日目】

≪午前の部≫
山の神平福祉仮設
コミュニティスペース
(併設の一般仮設入居者も参加)

計6回のボランティア、こちらには毎回訪れました。
もうすっかり顔なじみで、お元気な顔を見るとホッと心なごみます
皆勤賞の方々ばかりです!


今回は最終回ということでみなさまにきちんとご挨拶と説明をして、描き始めます。
画題ごとに席替えをして、
男性2人は水墨画らしく渋めに魚をセレクト。

201306 ボランティア Day3AM01

今回アシスタントとして初参加のまなみちゃんも、私が見てまわれない方々に、優しく向日葵の描き方を教えてくれました
今回参加予定のいのっちが急きょ来れなくなったので、まなみちゃんにもレクチャーをお助けしてもらったので、手持ちぶさたになることなくみんなに平均的に楽しんでもらえて助かりました!
ありがとうまなみちゃん

201306 ボランティア Day3AM02


別テーブルでは近藤さんがすいかを教えています。
今回は、3回を通してすいかが一番人気でした!!
タケさんはいつも1番に作品を完成させる、かわいいおばあちゃん。
作品にもcuteさがにじみ出ていますね

201306 ボランティア Day3AM03 201306 ボランティア Day3AM04


こちらは1年前に藤の花をすごく上手に描かれたおじいさん。
色の付け方を他の参加者さんにアドバイスしてくれています。
先生が一人増えました、頼もしいしありがたい!!
目が悪くなってきて、描くのは難しいけれどいつも顔を見せにきてくれ、私の揮毫を楽しみにしてくれています

201306 ボランティア Day3AM05



毎回、本当にお上手に描かれるおじいさん。
「次はいつくるんか?」
といつも楽しみにしていてくれるので、今回は最終回と知って残念そうでした。
それが伝わってきたので、胸が痛い気持ちになりましたが、最後は「今日の写真送ってな!」って、笑顔で私の成長を祝福してくれました
201306 ボランティア Day3AM07


毎回来ていたところだから、みなさんが心から

「先生がんばってね!!!体には気ぃつけてな!」
「先生の絵は心がこもっているよ、そうじゃなきゃこんな風に描けんよ!」

って応援してくれて、いっぱいお話ししていっぱい握手して、再会を誓いました。
本当に勇気づけられて温かい気持ちになる感動の時間でした
みなさま、ありがとうございます!
また遊びにきます!
きちんとご挨拶ができて本当に良かった!


201306 ボランティア Day3AM06
※この写真、輝度が上がっていたようで白飛びが。。。!


集会所で手作りのお新香とお茶をいただき、さわやかに晴れ渡る空のもと、感謝の気持ちと共に笑顔で次の場所へ!
201306 ボランティア Day3AM08


午後は、今後の私と南三陸とのかかわりについて、打ち合わせをしてきました。
新しいプロジェクトが待っています。
お楽しみに



----------------------------


≪ライブペインティング≫

今回はこちら

日本の国鳥「雉」に日の丸

言葉は私の想いを込めて「日出づる国の 我ら 共に 未来へ」

201306 ボランティア Day1AM04


私が水墨画を即興で描くところを子供に見てもらえるのは、とっても良いこと。
幼少期の良い刺激になったら嬉しいです
みんなといろんなお話をしながら、真剣に描くところを見てくれます。


201306 ボランティア Day1PM06

言葉を書いていると、子供たちはすぐ歌にして替え歌を歌いだす。
もう、本当に可愛くて面白いです!



ところで2011年の震災後、私は「天壽照日出國」という作品を描きました。
詳しくはコチラ
http://artgypsy.blog119.fc2.com/blog-entry-70.html

今回は、それ以来の雉と日の丸です
そのときの想いを振り返り、また未来に向けて、今回のライブペインティングはこのテーマに決めました。
すごくシンプルですが、シンプルなほど伝わりやすい。
説明無用だと思います。
未来に向け、自分の意思に思いめぐらせてみてくださいね


これからは画家として、明るい未来へ歩んでいくようなメッセージをこめた作品を生み出していきたいと思うようになりました。
ただ描きたいものを描くとか、季節に沿ったものを描く、もちろん良いことですが、

「画家は、作品が発するパワーをもってしてメッセージを伝え、良い未来を紡いでいく心の変化のきっかけになるような作品を」
そんなふうに最近は思います。

とある現代アートの展覧会に行ったのがきっかけで、あとづけの理由ではない、
「心が発するメッセージ性を作品から鑑賞者に伝えることの大切さ」
を実感しました。
気付くタイミングがやってきたことに、感謝の気持ちでいっぱいです

趣味の習い事で描いている方も、友人が貴方の作品を見て何か影響されることはあるはずです、私もそうでした。
仮設で教えた方々が描いた作品を見た方は、きっと笑顔になっているんだと思います
だから、自分だけの作品に温かな思いを込めて、筆をもってみてくださいね
スポンサーサイト

theme : art・芸術・美術
genre : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

私の移ろい
ブログを始めたころから今まで、心境も絵も変化しており、ブログを閉じてHPだけにしようかとも考えました。が、このブログ自身もまた、現代に水墨画家を志すとはどういうことか、というリアルだと思い、継続させています。
プロフィール

水墨画家 麻貴

Author:水墨画家 麻貴
幼少期は、祖父と一緒にお絵かきしながらお昼寝の毎日。小~中学校と書道を習い、大学時代から水墨画を嗜む。

日本の水墨画教室で師範合格を区切りに、中国美術学院書法中国画学部修士へ留学し2017年MFA取得。
墨芸術家として、日本における水墨画の発展向上と共に、クリーン化・ユニバーサル化を目指す。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
カウンター
pictlayer
検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。