--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-03-06

国立新美術館に作品展示されます

<展覧会詳細>
日程:3/6(水)~3/17(日)
場所:六本木国立新美術館



私の作品「粋紫」
IMG_2765.jpg

江戸の色調を連想する朝顔の紫をポイントに、朝露滴る奥ゆかしい夏の涼を描きました。
墨と水が和紙に広がり織りなす美しさを研究し、潑墨技法により水々しい透明感のある作品に仕上げています。

昨年の夏に描いた我が家の朝顔が気に入っていたので、そのうち大きい作品にしたいと思っての今回です。

構図、墨色、線質、にじみ、技術、品性、もろもろバランスなど含めて、師匠お墨付きの自信作です。

------------------------

全日本という場で腕試しをする機会もなかなかないので、今年も出品してみましたが、結果が入選でした。
賞に入らなかったということです。

昨年、同展覧会で会場にて作品を一通り見て、作品に対する賞や肩書きが釣り合わないと感じることの多さに、唖然としたものです。

今回の結果を受けて、日本水墨画壇の現状が変わらないうちは、賞に価値を感じないので、
私はもう二度と日本の水墨画公募に出品しないと決めました。


自分のやり方で未来を開こうと、ある意味前向きな気持ちになりました
また現状を変えるためには、知ってもらうことが必要だと思うので、
ぜひみなさま、今回の展覧会を見にいってみてください!


そして、賞や地位が妥当であるか、作品を比較して考えてみてほしいなと思います。

「百聞は一見に如かず」

事実はそこにあります。


見に行けない方も、画集が出版されるので、そちらで確認してみてください。
私も購入しますから、よかったらお見せします。
スポンサーサイト

theme : art・芸術・美術
genre : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

私の移ろい
ブログを始めたころから今まで、心境も絵も変化しており、ブログを閉じてHPだけにしようかとも考えました。が、このブログ自身もまた、現代に水墨画家を志すとはどういうことか、というリアルだと思い、継続させています。
プロフィール

水墨画家 麻貴

Author:水墨画家 麻貴
幼少期は、祖父と一緒にお絵かきしながらお昼寝の毎日。小~中学校と書道を習い、大学時代から水墨画を嗜む。

水墨画師範免許取得を区切りに、学びを深めに単身本場中国へ大学院留学中。
国際的な墨芸術家として、日本水墨画の発展向上と共に、完全なクリーン化・ユニバーサル化を目指す。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
カウンター
pictlayer
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。