--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-02-03

白象の親子 展示中!


現在、国立新美術館にて開催中の国際書画展において、こちらの作品「神象戯曲」展示中!


今後も関西に巡回するので、そちらの方も是非見にきてくださいね。

<<日程>>
中部展
日程:3月19日(火)~3月24日(日)
時間:AM10:00~PM6:00
会場:愛知県美術館ギャラリー

関西展
日程:4月3日(水)~4月7日(日)
時間:AM10:00~PM6:00
会場:兵庫県立美術館ギャラリー棟3階



象だけに、70cm×135cmという大きめのサイズです。
水墨画や禅画で昔から描かれている神秘的な白い象を自分の表現で描いてみました。
親子で歌っているんですよ♪


自分のアイディアを全面に出して描くことは、本当に楽しい!
プロの水墨画家を目指しているからといって、全ての作品において自分らしさを前面に出せるというわけではないので、自由に描いてみるのは一番楽しいですね。
むしろ趣味の範囲ではないから、そんな思いも感じるのでしょう。

常に修行の身ですから、いろいろな画題で練習・制作せねばならないし、教えるときは、学ぶのにわかりやすい作品を見せる必要がありますし、自分本位ではない制作の場合は、TPOをわきまえる必要があります。
また、自分のスタイルを確立するというのは何十年もの鍛錬の末についてくるものでしょうし。
今は到底そんな境地に行き着くわけもなく、旅の序盤。

現実として私は、自由を愛する旅人。
旅と、人生という旅、進め方が似ているみたいです。面白いですね。


まぁ、水墨画の公募展では個性的な作品は受賞の対象になりずらいこともよくわかりましたので、受賞しやすい作品、つまり「レベルの高さが明確にわかり、一般受けする作品」を描いた方が良いということもサクッとわかりましたね。
お金を払って出品しているからには、受賞しないとお金の無駄だとも思いました。


一般的に画家は個性的と思われがちですが、私の感じるところでは、現在の日本水墨画界は技術も個性も心も趣味レベルの方が殆どなので、残念に思うことが多いです。


とはいえ、私は自分の個性を伸ばしていくことが私らしいわけで、描きたいアイディアもたくさんあり、腕を磨き、描きたい作品をどんどん描いてゆきたいなとワクワクしています。

いつか、アイディア満載な個展をやるのが私の将来の楽しみであります♪
絵本も描いてみたいですね♪
スポンサーサイト

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

私の移ろい
ブログを始めたころから今まで、心境も絵も変化しており、ブログを閉じてHPだけにしようかとも考えました。が、このブログ自身もまた、現代に水墨画家を志すとはどういうことか、というリアルだと思い、継続させています。
プロフィール

水墨画家 麻貴

Author:水墨画家 麻貴
幼少期は、祖父と一緒にお絵かきしながらお昼寝の毎日。小~中学校と書道を習い、大学時代から水墨画を嗜む。

水墨画師範免許取得を区切りに、学びを深めに単身本場中国へ大学院留学中。
国際的な墨芸術家として、日本水墨画の発展向上と共に、完全なクリーン化・ユニバーサル化を目指す。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
カウンター
pictlayer
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。