--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-10-22

ICCPS中国展 2012 「2.展覧会編」

「展覧会編」ということで、出品作品を紹介し、私なりに意見してみようと思う。

まずは私の出品作
左が 今回中国分会会長賞の「煙巻千枚田」 (http://artgypsy.blog119.fc2.com/blog-entry-126.html
右は 「雨輝富貴花」 (http://artgypsy.blog119.fc2.com/blog-entry-126.html

201210 ICCPS中国展 展覧会01

詳しくはそれぞれの記事を読んでみてくださいね


このICCPS国際展は、国境や流派関係なく書画家たちが墨での芸術交流をする。
ということが他の団体にはない面白味です。


水墨画といえば中国・台湾・日本・韓国、の伝統芸術。
各国の作品を何点かご紹介します



<日本メンバーの作品>

会長作品        /  書道で大賞受賞の小林さん
201210 ICCPS中国展 展覧会07 201210 ICCPS中国展 展覧会03

左2本は島崎先生・右は日本の生徒さん  /  かな・大字書・右2本はロシア会長
201210 ICCPS中国展 展覧会04 201210 ICCPS中国展 展覧会05

右から私2本、島ちゃん2本、韓国のリーさん2本
201210 ICCPS中国展 展覧会02



<中国はさすが本場!>

中国の紫雲会長作品と会員の作品  /  史湘先生を始めとする書作品
201210 ICCPS中国展 展覧会06 201210 ICCPS中国展 展覧会09

迫力のある素晴らし過ぎる山水画!水墨画の魅力満載!
201210 ICCPS中国展 展覧会10 201210 ICCPS中国展 展覧会08

圧巻の鷹は前回大賞作家の作品 美しすぎる藤に感動・・・バラエティ豊かに芸術鑑賞
201210 ICCPS中国展 展覧会11



<欧米諸国はヨーロッパ文化が入り、おしゃれ>


Gregory会長(France)  /  Cassey会長(USA)
201210 ICCPS中国展 展覧会14 201210 ICCPS中国展 展覧会15

大好きなKalpaさん(オランダ)  /  新メンバーのOlgaさん(Russia)
201210 ICCPS中国展 展覧会13 201210 ICCPS中国展 展覧会12

私的に今一番アツイSonjaさん(オランダ)
201210 ICCPS中国展 展覧会16



いまのところ、上記の2種に入らない国はICCPSには入っていません。
東南アジアや中南米、アフリカにはどう思われているのかな?
水墨画って知っているのかな??


それはさておき、中国の画家たちは、はっきり言って完全にレベルが違う。
欧米の画家は、上手い人は墨を活かしたお洒落なモダン芸術になっている。


では、日本の水墨画家は?
正直、写意画の技術では中国には完敗。
会長は別格ですけど。
おしゃれなアートセンス、は欧米勢のそれとは違う。
日本以外の水墨画家から見たらどう見えるのだろうか?
水墨画と関係のない日本人から見たら?


今私たちが属してる水墨画教室では、みんながまだまだ成長過程で、技術を学んだりしている段階。
先生から学ぶことに慣れてきたら、中国水墨画の本を読み漁ったりしながら腕を磨く。
結局、中国の文化で勉強している。

でも、中国人とは違う土台やセンスが当然ある。
10年後、20年後は、今の仲間たちが成長して、日本の現代水墨画はきっとすごく変わっているんだろう。
中国とも欧米とも違うスタイルで、確実に芸術レベルがUPしているはず。


書道に関しては素晴らしい先人が引く手あまたなので、また全然違う話ですが


今回の記事で紹介した作品はごく一部。
他も気になる方には本もお見せできますよ
ICCPSの画家たちの中で、お気に入りの画家さんが少しずつ増えていることもあり、
本当に楽しく目の保養に、そして勉強になる展覧会でした。
スポンサーサイト

theme : art・芸術・美術
genre : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

私の移ろい
ブログを始めたころから今まで、心境も絵も変化しており、ブログを閉じてHPだけにしようかとも考えました。が、このブログ自身もまた、現代に水墨画家を志すとはどういうことか、というリアルだと思い、継続させています。
プロフィール

水墨画家 麻貴

Author:水墨画家 麻貴
幼少期は、祖父と一緒にお絵かきしながらお昼寝の毎日。小~中学校と書道を習い、大学時代から水墨画を嗜む。

日本の水墨画教室で師範合格を区切りに、中国美術学院書法中国画学部修士へ留学し2017年MFA取得。
墨芸術家として、日本における水墨画の発展向上と共に、クリーン化・ユニバーサル化を目指す。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
カウンター
pictlayer
検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。