--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-01-16

お酒と私と人の縁

今週の水墨画教室では、ワインを描きました
「酒と友に酔う夢の一杯」
半紙に描いたので、しわがよってしまい、写真では薄い部分や写りこみがよくわからないですが、墨でガラスの質感を出すのも雰囲気が出ていいなぁと思いました。


毎回毎回思うのですが、やっぱり師匠の教え方はすごく上手!
自分の力だけで描くのと、ご指導のあとに描くのとでは、天と地のような差が
こんなに素晴らしい師匠に出逢え、指導を受けられる喜びをいっつも感じています。


20110116 水墨画 wine

描いてみて師匠がひとこと。
「石井さんは、やっぱりこうゆうものを描くのが似合いますねぇ」

私はてっきり、水墨の題材らしくないヨーロピアンなものや、現代的な絵が私らしいという意味なのかと思い訪ねたところ、師の返答はというと・・・

「いやいや、やっぱりお酒が好きな人は、こうゆうモチーフが似合うんですよ~
とのこと。更に!

「ワインより日本酒ととっくりのほうが石井さんらしいかも

なんてお言葉を頂きました


実はというと、教室に行って師匠との会話の中にお酒というコトバが出ない日はないのではないか・・・?!
そんな共通点がある師匠と私ですから、いつも冗談もまじえながら笑顔で教室での時間を過ごしています。


ワインを描いた前日は、友人が九州から東京に来たのです
終電まで5時間半、高架下で3件はしご・・・
熱燗をいったい何杯注文したのかは誰にもわかりません

そんな友人から芋焼酎と博多ラーメンをお土産にいただきました。
重かろうに、ありがとう

また次回、高架下の会を楽しみにしています
スポンサーサイト

theme : アート・デザイン
genre : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

私の移ろい
ブログを始めたころから今まで、心境も絵も変化しており、ブログを閉じてHPだけにしようかとも考えました。が、このブログ自身もまた、現代に水墨画家を志すとはどういうことか、というリアルだと思い、継続させています。
プロフィール

水墨画家 麻貴

Author:水墨画家 麻貴
幼少期は、祖父と一緒にお絵かきしながらお昼寝の毎日。小~中学校と書道を習い、大学時代から水墨画を嗜む。

水墨画師範免許取得を区切りに、学びを深めに単身本場中国へ大学院留学中。
国際的な墨芸術家として、日本水墨画の発展向上と共に、完全なクリーン化・ユニバーサル化を目指す。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
カウンター
pictlayer
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。