--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-08-18

第3回 水墨画ボランティア報告(宮城沿岸部) 【前篇・講座報告1日目】

8月3日(金)~5日(日)に、宮城の仮設住宅にボランティアとして
第3回目の「夏の水墨画講座」を開催してきました。


201208 夏季水墨画ボランティア 03



第1回、第2回の記事できっかけや概要の説明をしているので、今回の記事では
簡単な説明と2日間の報告をさせていただきますね。

【前篇・講座報告1日目】
【中篇・講座報告2日目】
【後篇・番外編】

と3回にわけてお知らせします。



<講座について>
・時間/2時間程度
・内容/水墨画で団扇づくり
・画題/朝顔・カニ
・目的/仮設住宅入居者間のコミュニケーションづくり
    昔馴染みの「墨」で描くことによる心の癒し
    四季折々の画題を描き、季節を感じること
・対象/年齢問わず(夏休み期間なので、子供の参加もOKにしました)




 ≪午前の部≫
南三陸町 入谷小学校仮設(仮設住宅入居者の参加)


こちらでの参加者は、水墨画講座に初めて参加する方たちで、夏休みなので子供たちもお絵かきに来ました。
子供の参加は今まではなかったのですが、絵が好きな子たちだったこともあり、真面目に描く練習をしていました。
201208 夏季水墨画ボランティア 02
 201208 夏季水墨画ボランティア 04


集中し始めると、むしろ大人より静かに描きつづけるものなのですね。

でもおじいちゃんおばあちゃんも、子供と一緒だったので楽しく時間を過ごせているようでした。
201208 夏季水墨画ボランティア 01



団扇が仕上がったら、恒例の私のライペインティング
子供たちが喜んでくれるかな?
と、いつもの紙より幅が倍ある「全紙」という大きさの大きな紙にを用意しました

夏らしい蓮と、大きな蛙!!
このあたりではよく蛙がいるそうで、どんな蛙なのか教えてもらいながら、楽しく描かせてもらいました。
あごもおなかもぷっくりしている蛙がこの辺りにはいるそうです。
どうやら、蛙は蜂を食べるそうで、捕食の瞬間が一枚の作品に!
「蛙と蓮だけじゃものたりない~」
と言われてしまったので、カニさんも描いたら完成OKをもらいました(^^*)


子供とふれあう夏休み。
わたしたちも楽しく癒される時間でした

201208 夏季水墨画ボランティア 05




 ≪午後の部≫
山の神平福祉仮設(併設の一般仮設の方も参加)


目の前には見事なひまわり畑!
201208 夏季水墨画ボランティア 13


こちらは毎回訪れているところで、毎回参加してくれる方も多く、みんなが顔なじみになってきました。
暑くても元気な顔を見れると嬉しいし、体調が悪そうな方は元気になってほしいなと思います。

春の回で私が即興実演した作品を、掛軸らしく飾っていてくれました
自分の作品が出会った人の心の癒しになっているのなら、本当にうれしいです
201208 夏季水墨画ボランティア 06


ところでこちらでは、福祉大学の生徒さんが福祉ボランティアとして来ていたので、学生さんも一緒に
水墨画講座の時間を楽しみました。


15名ほどの参加となり、今までで一番人数が多く、活気のある時間になりました。
201208 夏季水墨画ボランティア 08
 201208 夏季水墨画ボランティア 07


みなさんも3回目となると、緊張も解けて和やかな雰囲気を感じます。
特にお年寄りとなると、尚更新しいことや初対面の人にはとっかかりづらいもので、
回を重ねることで穏やかに楽しんでもらえるのだなと実感します。
私自身もそうなんだと思います。


何度も繰り返し練習しているだけあって、どんどん描いていましたね。
とっても夏らしい作品ができました
201208 夏季水墨画ボランティア 10


今回は体調が優れず参加できなかったおじいちゃん。
私がライブペインティングするときには、見に来てくれました。
とても絵がお上手な方で、楽しみにしてくれているのだなと思います。
3か月に一度ですが、楽しみをつくることができているのかなと思うと、ささやかながら続けていきたいと思います。
201208 夏季水墨画ボランティア 11



扇子や団扇に絵を描くのは、夏ならでは。
201208 夏季水墨画ボランティア 12

私自身、いつも自作の扇子を持ち歩いています。
お祭りに持って行ってくれたりしたら嬉しいなぁと思います。


初めて参加してくれた近藤さん、1日目お疲れ様でした!
201208 夏季水墨画ボランティア 15
 201208 夏季水墨画ボランティア 14
スポンサーサイト

theme : art・芸術・美術
genre : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

私の移ろい
ブログを始めたころから今まで、心境も絵も変化しており、ブログを閉じてHPだけにしようかとも考えました。が、このブログ自身もまた、現代に水墨画家を志すとはどういうことか、というリアルだと思い、継続させています。
プロフィール

水墨画家 麻貴

Author:水墨画家 麻貴
幼少期は、祖父と一緒にお絵かきしながらお昼寝の毎日。小~中学校と書道を習い、大学時代から水墨画を嗜む。

水墨画師範免許取得を区切りに、学びを深めに単身本場中国へ大学院留学中。
国際的な墨芸術家として、日本水墨画の発展向上と共に、完全なクリーン化・ユニバーサル化を目指す。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
カウンター
pictlayer
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。