--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-06-17

日中水墨会 2012年度展覧会@横浜

今年も、満柏先生が神奈川にて主催する日中水墨画協会の展覧会に出品させていただきました。
去年は「遊漁永楽図」という蓮と鯉の作品でしたが、今年はコチラ。


「紫流静酔」
右手の藤と金魚の作品です。
2012日中水墨展 藤と金魚
以前、ある画家さんが墨で描いた藤があまりにも気に入って、いつか墨色の藤を描きたいと思っていました。
「ようやくチャレンジしたいと言える技量がついてきたかな?」
「季節感もバッチリね。」
などと思い、挑戦しました

というのは
墨彩画より水墨画のほうが当然ながらハイレベルであり、特に藤を墨だけで描くのは明らかに高度
なのです。
花も葉も無数にあるこの植物。
花に紫、葉に緑と墨、とすれば色バランスですぐに藤とわかりますが、墨だけだとそうはいきません。

画題を先生に話してから心して取り掛かり、研究を重ねて完成させました。
枝の流れのバランスも気に入っているし、金魚に朱を入れポイントにしたのもお洒落に仕上がったかなと思います。
そして、表装屋さんが選んでくれた、薄いグリーンの軸も、ベストマッチ


我ながら、良い作品に出来上がったなぁ、と嬉しいです。
今は、我が家の床の間にさわやかな風を運んでくれています


ちなみに、左はICCPS中国遼寧分会会長 紫雲先生の作品。
いつもかわいらしい雰囲気の紫雲先生の画風ですが、墨の牡丹はシック。
でも、やっぱりかわいい鳥さんつき
私は紫雲先生の鳥さんが大好きなんです。



そして、嵐酔先生の作品はコチラ
2012日中水墨展 嵐酔先生の竹
この竹、すんごくかっこいい!!!

何がいいって
  濃墨で入れた大きい葉がフォーカルポイントで
何がすごいって
  表装済みの白い掛軸に一発勝負で描いたそうですよ。
  凄すぎですね


ちなみに、この後祝賀会にも参加してきました。
中国音楽の演奏あり
2012日中水墨展 演奏
嵐酔先生の揮毫があり
2012日中水墨展 揮毫
水墨画で新たにつながりができて、楽しい時間になりました

スポンサーサイト

theme : art・芸術・美術
genre : 学問・文化・芸術

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【日中水墨会 2012年度展覧会@横浜】

今年も、満柏先生が神奈川にて主催する日中水墨画協会の展覧会に出品させていただきました。去年は「遊漁永楽図」という蓮と鯉の作品でしたが、今年はコチラ。「紫流静酔」右手の藤と金魚の作品です。以前、ある画家さんが墨で描いた藤があまりにも気に入って、いつか墨色...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

私の移ろい
ブログを始めたころから今まで、心境も絵も変化しており、ブログを閉じてHPだけにしようかとも考えました。が、このブログ自身もまた、現代に水墨画家を志すとはどういうことか、というリアルだと思い、継続させています。
プロフィール

水墨画家 麻貴

Author:水墨画家 麻貴
幼少期は、祖父と一緒にお絵かきしながらお昼寝の毎日。小~中学校と書道を習い、大学時代から水墨画を嗜む。

日本の水墨画教室で師範合格を区切りに、中国美術学院書法中国画学部修士へ留学し2017年MFA取得。
墨芸術家として、日本における水墨画の発展向上と共に、クリーン化・ユニバーサル化を目指す。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
カウンター
pictlayer
検索フォーム
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。