--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-04-21

第2回 水墨画ボランティア報告(宮城沿岸部) 【前編・第2回講座開催にあたって】

4月13日~16日に、宮城の仮設住宅にボランティアとして
第2回目の「春の水墨画講座」を開催してきました


201204 水墨画ボランティア 春04 201204 水墨画ボランティア 春02



初回である1月の「冬の水墨画講座」の際に多くの方のお力添えにより良い時間をもつことができたため、
第2回を開催することができたと思っています


第1回現地同行メンバー、今回メンバー、賛同・協力してくださる教室の先生と生徒の皆様、RQの方々には特に感謝の気持ちでいっぱいです。
また、活動を応援してくれる友人・知人・家族、と本当に多くのひとたちの心の結びつきで実現している活動だなと改めて実感しています。
皆様、心からありがとうございます


そういった気持ちのもと開催できた講座は、今回の春の回は前回より多くの被災者の方々が参加してくださり、笑顔の時間をもつことができました。
2度目の訪問となる仮設住宅もあり、1度目より気心知れて楽しく、進んで自由に筆運びができたなぁと感じました。
再会できたことをお互い嬉しく思いますし、何度も訪問することの大切さも実感します。

201204 水墨画ボランティア 春01 201204 水墨画ボランティア 春03


「また来てくれて嬉しい」
「もっと描いてみたいしまた是非来てね」
と言ってもらえると、本当にこの水墨画講座を始めてみて良かったと思います

なぜなら、ボランティアは被災者の方々のためにやっていることですから、その方たちに必要としてもらえることをできている、ということはとっても大切なことなんです
また、今回の同行メンバーのうち2名は、被災地を初めて訪れました。
今後も、この講座をきっかけに被災地を訪れる人が少しずつでも増え、被災地へ関心をもつきっかけを少しずつでも繋いでいきたいなと思います。

また、意図していることではありませんが、水墨画同行メンバーは皆、「水墨画がより好きになった」「これからいろいろなものを描いてみたい」と言っていました。
それもまた、私にとってはとっても嬉しいことなんです。
心から水墨画が好きな仲間がいること、幸せだと思います


私が発起人として始めたこの水墨画ボランティア、日本でも初めてのことにチャレンジしてみたわけで、1回目も2回目も手探りです。
誰もが初めて経験したこの震災で、今後は誰にもわかりません。
今までもこれからも、毎回、良い点も改善点や頭を悩ますことも浮上し、改めて責任者って大変だって思ったりします。
でも、きちんと解決策を考えて誠実に対応していくことが、これからの継続した被災地の支援につながります。
回を重ねるごとに、被災者の方・教室の先生・生徒さん・RQの皆様・水墨画ボランティアメンバー、みんながより一層気持ちよく協力して支援できるかたちになってゆくために、試行錯誤しながら頑張ります

春の回のご報告ですが、下記のように4回に渡ってブログに報告記事をUPいたします。

前編 :「春の講座開催にあたって」
中編1:「講座報告1日目」
中編2:「講座報告2日目」
後編 :「被災地の今」


次回は講座の報告です。
来週にはUPしますので、お楽しみに


+++++++++++++++++++++++++++


私が水墨画講座を開催させていただいている母体であるRQWのブログに既に記事がUPされていますので、
ご覧くださいね。


 講座1日目 http://rqwomen.blogspot.jp/2012/04/blog-post_5495.html
 講座2日目 http://rqwomen.blogspot.jp/2012/04/blog-post_3562.html

RQWとは、RQ災害RQ市民災害救援センター(http://www.rq-center.net/)の分会のような感じです。
RQ災害RQ市民災害救援センターをおおもとの母体として、ボランティア活動の内容や地域ごとに分会があるといったイメージです。
ちょっとわかりずらいかもしれませんが、今もまだ宮城の被災地ではいろいろの形での支援があることがわかりやすく掲載されているので、是非ホームページを見てみてくださいね

RQWは女性支援センターということですが、水墨画講座は性別を限定していません。
なぜRQWの活動に入れさせてもらっているかというと、「仮設住宅で講座を開催する」という支援はRQWが開催しているので、手配等慣れてらっしゃり、水墨画講座はRQWで、ということがしっくりくるからです。
またまた、抽象的な表現でごめんなさいね

とにかく、RQWのみなさまには本当にお世話になっていて、感謝の気持ちばかりなんです。
いつもありがとうございます!!!
また夏の水墨画講座、よろしくおねがいします
スポンサーサイト

theme : art・芸術・美術
genre : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

私の移ろい
ブログを始めたころから今まで、心境も絵も変化しており、ブログを閉じてHPだけにしようかとも考えました。が、このブログ自身もまた、現代に水墨画家を志すとはどういうことか、というリアルだと思い、継続させています。
プロフィール

水墨画家 麻貴

Author:水墨画家 麻貴
幼少期は、祖父と一緒にお絵かきしながらお昼寝の毎日。小~中学校と書道を習い、大学時代から水墨画を嗜む。

水墨画師範免許取得を区切りに、学びを深めに単身本場中国へ大学院留学中。
国際的な墨芸術家として、日本水墨画の発展向上と共に、完全なクリーン化・ユニバーサル化を目指す。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
カウンター
pictlayer
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。