--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-11-15

お礼の贈り物は世界にひとつ

先日、紫雲先生の展覧会最終日のエンディングパーティーに行ってきました。
その際に中国でのお礼に大きな作品を準備していきました。

201111 水墨画 秋の山水 水牛
・右が紫雲先生とお母さんへ 「秋深い紅葉の山水画」
・左が中国で作品を交換した書家の先生へ 「水浴び水牛とカワセミさん」
タイトルは特に決めてないんですけど・・・

まず、紫雲先生たちへの作品は訪中最終日に夏の山水画を描いたんですが・・・
その辺にいただれかに持ってかれてしまったとのことで
お礼がパァになったことが無念。
というわけにはいかない性なので、新たに秋の山水を

書家の先生は、とても親切で優しい方でその場で描いた作品交換をしてきたのですが・・・
水牛を描いてほしいと言っていただいたにもかかわらず、体調不良+睡眠不足+疲れMAX
の夜に描いたので、不出来なまま差し上げてしまいました。
ずぅっと心残りだったので、リベンジ!です
水牛だいすき!
私は動物が大好きなので、動物を描く時がとっても楽しいです


中国の、作品を交換し合うという交流 作り手同士だから気持ちがこもるのがわかるし、大好きな習慣です


ちなみに、パーティーは満員御礼状態でとっても盛り上がって、楽しかったです。
紫雲先生の揮毫が見れてやっぱり感激
用意していただいたお惣菜や 特に手作り餃子がとってもおいしくって
目も心もおなかも満足でした

紫雲先生を始めとする関係者のみなさま、個展お疲れ様でした
スポンサーサイト

theme : art・芸術・美術
genre : 学問・文化・芸術

私の移ろい
ブログを始めたころから今まで、心境も絵も変化しており、ブログを閉じてHPだけにしようかとも考えました。が、このブログ自身もまた、現代に水墨画家を志すとはどういうことか、というリアルだと思い、継続させています。
プロフィール

水墨画家 麻貴

Author:水墨画家 麻貴
幼少期は、祖父と一緒にお絵かきしながらお昼寝の毎日。小~中学校と書道を習い、大学時代から水墨画を嗜む。

水墨画師範免許取得を区切りに、学びを深めに単身本場中国へ大学院留学中。
国際的な墨芸術家として、日本水墨画の発展向上と共に、完全なクリーン化・ユニバーサル化を目指す。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
カウンター
pictlayer
検索フォーム
カレンダー
10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。